本文へスキップ

TILは東京都内の自立生活センターの支援および一般社会に向けた活動、研究・政策提言をします。

TEL. 042-540-1844

〒190-0022 東京都立川市錦町3-1-29 サンハイム立川1F

■ 宿泊施設のバリアフリー化について検証資料を作成しました    


2018年11月6日

10月9日、小池百合子東京都知事は記者会見の中で、東京都内における「宿泊施設のバリアフリー化に関する新たな取組」を発表しました。

小池知事「知事の部屋」記者会見(平成30年10月19日)
会見で使用したスライド資料(PDF:394KB)

この取組は、東京都の「建築物バリアフリー条例」に一般客室の整備基準を規定しようとするものです。

具体的には、「一般客室でも車いすの使用者が客室内に出入りが可能な寸法」として、
• 客室の出入口幅は80cm以上
• 客室内の便所及び浴室等の出入口幅は
70cm以上
• 客室内に階段又は段を設けないこと。
• 客室出入口からベッド、便所及び浴室等までの経路幅は
70cm以上
という数値基準が提示されています。

*参考図
(「建築物バリアフリー条例における宿泊施設の規定整備の考え方(案)」より抜粋)


東京都自立生活センター協議会(TIL)では、提示された東京都の数値基準のうち、「客室内の便所及び浴室等の出入口幅」と「客室出入口からベッド、便所及び浴室等までの経路幅」についての検証を行いました。

検証の結果、東京都が提示した数値基準の「70㎝以上」では狭いので、「75㎝以上(推奨:90㎝以上)」とすべきである、と結論づけました。

検証について詳しくは、以下のPDFファイルおよび動画をご覧ください。

<ホテル客室>車いすで直角に曲がる場合の通路幅とバスルームドア幅の関係検証(PDF:942KB)

検証動画①
<被験者A> 電動6輪中輪駆動 幅:63cm 長さ:116cm
<設定> 通路幅70㎝ バスルームドア幅70㎝


検証動画②
<被験者B> 電動6輪中輪駆動 幅:60cm 長さ:121cm
<設定> 通路幅75cm バスルームドア幅70cm


検証動画③
<被験者C> 簡易電動(JW1) 幅:65cm 長さ:115cm
<設定> 通路幅75cm バスルームドア幅70cm


検証動画④
<被験者D> 手動(カスタマイズ) 幅:62cm 長さ:95cm
<設定> 通路幅70cm バスルームドア幅70cm


検証動画⑤
<被験者D> 手動(カスタマイズ) 幅:62cm 長さ:95cm
<設定> 通路幅75cm バスルームドア幅70cm
*この動画では、被験者が途中で止まっていますが、ドアの開閉の想定の話をしたり写真を撮っていたりしていたためで、通過に問題はありませんでした。


現在、東京都ではこの整備基準についてパブリックコメントを実施していますので、この整備基準に関して意見がある方は、是非東京都に意見を提出してみて下さい。提出方法は以下のリンクをご参照下さい。

報道発表資料「高齢者、障害者等が利用しやすい建築物の整備に関する条例における宿泊施設の規定整備の考え方(案)」について都民の皆様の御意見を募集します




バナースペース

東京都自立生活センタ-協議会事務局

〒190-0022
東京都立川市錦町3-1-29
 サンハイム立川1F

TEL 042-540-1844
FAX 042-540-1845

E-mail : til_jimukyoku@yahoo.co.jp
URL:http://tokyoilcenters.web.fc2.com

〇◎賛助会員募集中◎〇

賛助年会費 5,000円
振り込み口座は以下になります。
◆西武信用金庫
【支店名】立川南口支店
【店番】048
【口座番号】普通 0208953
【口座名】トクヒ)トウキヨウトシ゛リツセイカツセンターキヨウキ゛カイ
*口座名は半角カナ変換してください
◆ゆうちょ銀行の振替口座
【口座番号】00170-7-0649343
【加入者名】東京都自立生活センター協議会


〇◎寄付のお願い◎〇

TILは、皆様からのご支援により支えられています。寄付にご協力よろしくお願い致します。
振込口座は上記になります。

inserted by FC2 system